Top >  チャイルドシートって??? >  チャイルドシートの基礎知識1

チャイルドシートの基礎知識1

赤ちゃんを車に乗せるのにとても重要な物。

使用期間や種類などで違ってくるので、

まずは知識から勉強していきましょう♪


チャイルドシートには、


乳幼児シート(0〜12ヶ月)

乳児・幼児兼用タイプ(〜3歳)

学童用シート(4歳〜)


があります。


用途によっていろいろ調べて購入しましょう!


〜シートタイプ別で見るメリット・デメリット〜

  
【乳児用シート】


(メッリト)
  

・重量が軽く取り扱いやすいので、簡単・確実に使用できる

・クーハンタイプの場合、赤ちゃんを寝かせたまま乗せ降しができる。

・つくり全体が赤ちゃん用なので安全性・快適性に優れている。


(デメリット)
  

・使用期間が1年と短い。

・子どもの成長に合わせて買い替える必要がある。

・車の後席のシートベルトの全長が230m以上必要。

  
【乳児・幼児兼用タイプ】


(メリット)


・兼用タイプなので使用期間が約4年と長い。

・比較的種類が多いので、いろいろな選択肢がある。


(デメリット)


・乳児期と幼児期で取り付けの変更が必要。

 そのためやや構造がわかりずらい・・・。

・装置全体が大聞く、重量が重い。

・生まれたての赤ちゃんにはサイズが大きい。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のプレママ達が見られている人気ページです】


出産準備品を安く、たくさん手に入れたいママはこちらへ

出産までの出費を心配されているママはこちらへ

出産のちょっとした不安や悩みを解消したいママはこちらへ





         

チャイルドシートって???

チャイルドシートってたくさんありすぎてわからない・・・
お店の方に聞くのもよし!

事前に購入するにあたっての基礎知識とお役立ちを掲載してみました!

関連エントリー


チャイルドシートの基礎知識1
チャイルドシートの基礎知識2
車でのお役たちグッズ 




出産準備品リスト・出産準備費用メールセミナー 先輩ママが教える「買っておいたほうがいい」、「これは使わない」
出産準備品リスト
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録