Top >  赤ちゃんとお出かけ! >  抱っこ紐の基礎知識

抱っこ紐の基礎知識

試用期間やタイプもさまざまで

種類が豊富な抱っこ紐。


いつ、どんなときに使うのかを

考えて選びましょう!


≪ポイントT≫


抱っこ紐は、

赤かちゃんの成長に伴って

抱き方が変わります。


また、お出かけの頻度や、

行動範囲、ベビーカーとの使い分けなど、

ライフスタイルも含めて検討してみましょう


≪ポイントU≫


抱き方やタイプの種類を押さえておく

   
●前向き抱きタイプ 

  
赤ちゃんの視界が広がります。

周りの風景を楽しみます。
  
(用の目安:首が据わってから)

   
●たて抱き(対面)タイプ


主に首がすわってからの抱き方ですが、

新生児から使えるのもあります。


密着度が高く安心感があります。
      
(使用の目安:首がすわってから)


●横抱きタイプ


生まれてすぐから首がすわるまでのお出かけ

はこの抱き方が主流。


そのまま授乳できるタイプも。

(使用の目安:新生児から)


●腰掛つきタイプ


一人座りができるようになる

6〜7ヶ月以降の赤ちゃん向け。


短時間のお出かけにお勧め。

(使用の目安:腰がすわってから)

 
●おんぶタイプ


あやしながら家事ができて便利。

密着間がありますが、

赤ちゃんの様子はみれません。


(使用の目安:首がすわってから)


●袋状タイプ


背中とお腹をすっぽり包めるので、

首がすわっていなくてもOK。


(使用の目安:新生児から)

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のプレママ達が見られている人気ページです】


出産準備品を安く、たくさん手に入れたいママはこちらへ

出産までの出費を心配されているママはこちらへ

出産のちょっとした不安や悩みを解消したいママはこちらへ





         

赤ちゃんとお出かけ!

赤ちゃんが外出できるようになると必要になるものがたくさん。
これは必要?というものやあると便利というものを掲載してみました。
お散歩ライフ楽しんでくださいね☆

関連エントリー


ベビーカーの基礎知識 
スリングの基礎知識
抱っこ紐の基礎知識
お出かけグッズ




出産準備品リスト・出産準備費用メールセミナー 先輩ママが教える「買っておいたほうがいい」、「これは使わない」
出産準備品リスト
【名字】
【メールアドレス】




管理人お気に入りサイト


Yahoo!ブックマークに登録